おすすめクレンジング

自分に合うのは一体どれ?

クレンジングはとにかく種類も商品も無数にあります。

 

なんとなくで選んでいませんか?
いまいち良くわからないまま、メイク落ちが良さそうなもの・・・
ランキングサイトで人気度だけで選んだり・・・

 

でもやっぱり毛穴に汚れが溜まってるような気もするし、どれもしっくりこない・・・。

 

そんな

 

「クレンジング迷い人が急増中!」

 

メイク落としに選ぶべきは「オイル」なのか「クリーム」なのか、商品はどれを選んだらいいのか

 

クレンジングおすすめ人気ランキング

 

そんな方は多いのではないでしょうか?

 

クレンジングは毎日使うもの
合わないケアを続けていると、肌への負担はどんどん蓄積していってしまいます!

 

クレンジング選びにはコツがあります。
それは次のたった2つ

 

優先順位を決める

自分が「メイク落としに一番求めたい部分は何なのか?」を明確にすることです。
洗浄力・優しさ・毛穴ケア・安さ・簡単さ・人気?
もちろん全部優れていたらそれに越したことは無いですが…

 

残念ながらそんなクレンジングはありません。

 

クレンジングに求めたいポイントでもどこが自分で絶対譲れない部分なのか、
逆に妥協できる部分はどこか、
自分自身のニーズを頭の中で整理しておきます。

 

正しい選択眼を持つ

まず優先度を決めたら
そのポイントだけを一定の尺度を持って比較することです。

 

クレンジング商品の公式ホームページでは、自社商品の得意な部分や人気成分ばかり、またはそれを先頭の方に配置、クローズアップして宣伝をします。
商品によって「無添加」なことだったり「すぐれた洗浄力」「毛穴ケア」だったりまちまち…。
弱い部分は後回し、もしくは表記されていません。

 

「なので!」

 

ただぼんやり眺めていると、販売戦略の思う壺です。
「流されてなんとなく」で買ってしまいます。
人気とか、おすすめ商品!というだけで根拠なく惹かれてしまうのもありがち。

 

このページでは、失敗しないクレンジング選びのコツと、安心して使えるおすすめ商品をご紹介していきます。

 

>おすすめクレンジング人気ランキング

 

正しいクレンジング選び

まずは基本的な知識を身につけておくことが大切です。
クレンジングに何種類あるかご存知ですか?

 

オイル・リキッド・ジェル・クリーム・ミルク・バーム・・・・

 

他にもホットクレンジングや炭酸のメイク落としなど話題になっているものを加えると10種類を軽く越えます。
髪を洗うシャンプーは一般的な液体のものと、あとはせいぜい石鹸シャンプーだけなのに、それを考えるとメイク落としって本当に沢山の種類がありますね!

 

自分に本当に合っているクレンジングが選べないのは
言ってみたら当たり前なのです。

 

人気だけに頼るのではなく正しい選択眼をもつために、
まずはメイク落としにはどんな種類があって、その種類ごとの特徴・性質を見ていきましょう。

 

>おすすめクレンジング人気ランキング

 

クレンジングの種類 & 特徴

 

オイル

クレンジングといえば「オイル」というくらい、一番人気で商品の数も多く、使っている方も多いのがオイルではないでしょうか?

 

クレンジングおすすめランキング

 

オイルの特徴はとにかく「洗浄力」、毛穴までしっかりメイクが落とせる商品が多いです。
化粧品の多くは油分が含まれています。
油と馴染むのは油、要するにオイル、油を落とすのは油が一番でしょう。
というのは理にかなったことかもしれませんね。

 

ただし、
メイクがよく落ちるということは、裏を返せばそれだけ強力。
人気と品質の良さは、必ずしも比例しないので、洗浄力や値段の安さだけで選ぶのはおすすめできない方法です。
刺激が強かったり必要な潤いまで奪い取ってしまうリスクもあります。
ですのでクレンジングオイルを使う際には何でも良いわけではなく、充分に配合成分も確認して選ぶ必要があります。

 

クレンジングクリーム

名前の通りクリーム状の質感で肌触りがよく、マッサージクリームとしても使える商品が多いです。
油分と水分がバランス良く入っているので、刺激が少ないのも特徴で、敏感肌の方におすすめ。
また、洗いあがりもしっとりしていて使用後のつっぱり感が少なめなので乾燥肌の方に人気です。

 

肌に優しい分、洗浄力はオイルには劣ります。「毛穴までちゃんとメイク落とせる?」という声も。
しっかりメイクやアイメイクは時間をかけてゆっくりと馴染ませないとクリームでは落ちにくいこともあります。
なので乾燥肌の方やナチュラルメイクの方に人気でおすすめなのがクリームクレンジングです。
肌への優しさでは一押しなので、時間に余裕があるときはクレンジングクリーム、忙しい日はオイルなど使い分けるのもおすすめ!

 

クレンジングバーム

ここ数年で急激に人気上昇中なのがバームタイプのメイク落とし。
容器に入っているときは固形で、手のひらの上に乗せると体温でとろけてオイル状へ変わる不思議な質感が人気。
この使い心地とほどよい洗浄力が『毛穴ケアできて使いやすい!』と人気で、
クレンジングバームをリピートする人も増えています。
当サイトのおすすめランキングでも2商品がランクイン。
バームによるメイク落としの特徴は何しろ「程よい」ところ。
『オイルだと洗浄力は強いけど刺激も強い』
『クリームだと優しいけど洗浄力も弱い』
間を取ったのがクレンジングバームといえます。
ちょうどいいものが見つからない…という方には試してみることをおすすめします。

 

>おすすめ人気ランキング第1位・DUO クレンジングバーム

 

クレンジングミルク

簡単に言えばクリームの緩くなったのがミルクタイプ。
クレンジングクリームと同じく肌への負担が少ないのが特徴です。

 

クレンジングランキング

 

洗いあがりはクリームよりもサッパリして人気ですが、サラサラがゆえに毛穴の奥まで馴染みが良いとは言えず、気をつけないと液だれするという欠点も…。

 

洗浄力も穏やかな分、ゆっくりと汚れとなじませながら落とすようにします。
ふき取るタイプと洗い流すタイプの両方があり、クレンジングしながら保湿もできるのがメリットですが、濃いメイクの場合はおすすめできません。
ナチュラルメイクの人、乾燥肌、敏感肌の人に向いていて人気なのがミルククレンジングです。

 

水クレンジング

ローションタイプのメイク落としで、コットンに染み込ませて、ふき取りながらメイクを落とすタイプのメイク落とし。

 

水クレンジングでメイクを落とした後は、水で洗い流す必要もその後の洗顔の必要もないものが多く、毛穴ケア、保湿の役割も果たしてくれるものとして売られています。
また、マツエクをしているとオイルクレンジングがNGですが、水だとOKなので、それも人気の理由なのです。

 

ただ、その実態を知ってちゃんと商品を選ばないといけません。
水クレンジングという名前は、主成分が水であることから来ているのですが、なぜ水でメイクが落ちるかと言えば、界面活性剤の働きです。
なので刺激が強すぎるものも多く、敏感肌の方にはおすすめできない商品もあります。
水クレンジングには洗浄力をアップさせるために多くの界面活性剤を使用している商品があります。
界面活性剤の全てが悪いわけではないので、石油系のものが使われていない水クレンジングを選ぶようにしましょう。

 

クレンジングジェル

名前の通りジェルタイプのメイク落としで、洗い流すタイプです。
これについてはジェルとひと言でいっても種類は色々あります。
水性タイプ、オイルインタイプ、そして油性。
油分の配合具合によって分類されていますので、自分のメイクの濃さや肌質によって選び分けるのがおすすめ。
クレンジングジェルでオイルフリー表示がされていない場合には、成分表示をみて確かめてみましょう。

 

ホットクレンジング

人気上昇中の「ホットクレンジング」は、その名の通り、温かいメイク落としです。

 

クレンジングおすすめランキング

 

ごわついていたり固まった皮膚や閉じた毛穴のままでは、メイク落としもなじみにくく汚れもきれいに落とせません。
この温かいクレンジング剤で毛穴を開き、適度な温度が硬くなった肌表面を柔らかくしてくれて、メイク汚れや余分な皮脂、古い角質などを絡め取ります。
肌を温めることで毛穴を開かせてくれるので、しっかりと毛穴まで洗浄できる上、ゲルタイプでお肌に優しいところも魅力で、近年急激に人気を集め始めています。
ランキングサイトでもちらほら商品を目にする機会が増えました。
毛穴ケア、黒ずみ、開きの改善に効果的で、お肌のごわつきが気になる方にもおすすめです。

 

拭き取りクレンジングシート

ウエットティッシュのように1枚ずつ取り出して使用するタイプで携帯用として人気アイテム。
クレンジング剤が含まれたシートでメイクを擦り落とします。
拭き取りのメイク落としは、肌をこすることが多く刺激が強いもの。
毛穴の奥まではメイクが落とせず、含まれる界面活性剤の量も多め。
旅行に便利などと人気もある商品ですが、ヒリヒリとした刺激を感じる方も…。
毎日拭き取りタイプのクレンジングでメイクを落としていると、肌が乾燥するなどダメージが蓄積してしまいますのでおすすめできません。
拭き取りタイプのクレンジングはメインで使用するのではなく、どうしてもやむを得ない時にだけ、予備的なメイク落としとして使うようにしましょう。

 

>おすすめクレンジング人気ランキング

 

クレンジングのもつ危険性

メイクをすっきりキレイに落としてくれる、私達にとっては欠かせない存在のクレンジングですが、選び方や使い方を一歩誤ると、実は様々な危険性をはらんでいます。

 

乾燥

クレンジング剤の中には洗浄力が強すぎて、メイク落ちは良い反面お肌を乾燥させてしまうものがあります。
お肌は皮脂の分泌が少ないと、肌にザラつきやカサつきが出てバリア機能を低下させてしまいます。

 

クレンジング人気ランキング

 

あまりに洗浄力の強いものや、質の悪いオイルクレンジングなどは、メイク落としと同時に皮脂膜や角質層のセラミドなど、お肌には必要不可欠な保湿成分を洗い流してしまいやすいのでおすすめしません。
クレンジング剤は、お肌のバリア機能をなるべく損なわないもの、乾燥を防ぐものを選ぶ必要があります。

 

刺激

メイクがするりと落ちる、などよく落ちることで人気の商品もありますが、過剰な刺激を与えることもあるクレンジング。
ティッシュやコットンで強く拭き取ったり、界面活性剤を多量に配合されたクレンジング剤を使うと、メイクを落とすことはできても、肌への刺激が強くダメージを与えてしまいます。
ひどい場合には日々のクレンジングにより受けたダメージから乾燥が進み、毛穴が開き、少しの刺激にも敏感に反応するような「敏感肌」になってしまいます。

 

メイクの落とし残し

落ちにくい、崩れにくいことを売りにしている人気のファンデーションや日焼け止め、ウォータープルーフのアイライナーなどはクレンジングでも落ちにくい部類に入ります。
毛穴に入り込んだファンデーションや下地はなかなか手ごわいもの。
毎日の落とし残しのメイクがちょっとづつ蓄積して、それがくすみの原因になったり毛穴を詰まらせたり、大人ニキビの原因になってしまいます。
メイクだけでなくクレンジング剤の落とし残しも問題です。
双方とも残らないようにきちんと落とす必要があります。

 

肌荒れ

メイク落としが元となる肌荒れにはいくつか原因が分かれます。

 

  • メイクの落とし残しで毛穴に汚れが溜まる
  • 洗浄剤の刺激が強すぎる場合
  • クレンジング剤自体の落とし残し
  • 肌質と合わない添加物

 

などが挙げられます。
クレンジング剤を変えて肌荒れが起こってしまった場合には、それがどのタイプの肌荒れなのかを見極めて、適切なメイク落としを選ぶのがおすすめの対処法です。

 

クレンジングランキング

 

添加物

様々な肌トラブルの引き金になり易いのがクレンジング剤に含まれる添加物です。
その種類は、合成界面活性剤、防腐剤、着色料、香料・・・と様々
特にプチプラで人気を集めているクレンジング剤には、防腐剤などの添加物を過剰に配合していることがありますので、メイク落ちは良くてもあまりおすすめではありません。
「低刺激」と表記されているのにパッケージ裏面の成分表示を見てみると多くの添加物が使われていたり…。
成分表示は、含有量が多い順で記載するように定められていますので、それを踏まえてチェックしてみましょう。

 

クレンジング選びのポイント

トラブルなく、ちゃんとメイクを落としたい・・・。
人気ばかりに左右されず、具体的にどのようにしてちゃんと自分に合うクレンジング剤を選んだら良いのでしょうか?
以下に選ぶポイント、比較するコツなどを説明していきます。

 

洗浄力

毛穴ケアやメイクを落とす洗浄力を売りにして人気を集めているクレンジング剤をよく見かけます。
おおまかにですがクレンジング剤の洗浄力の強さは、

拭き取り>オイル>リキッド>ジェル>バーム>クリーム>ミルク

の順になっています。
*商品により個体差がありますのであくまで目安、ご参考までに。
自分のメイクの濃さと折り合いのつくところで選ぶようにするのがおすすめ。

 

肌質

お肌が敏感な人、わりと何を使っても大丈夫な人、乾燥肌、脂性肌、毛穴の開きや状態、人によって肌質はさまざま。
肌質によっても向いているクレンジング剤と、そうでないものがあります。
お肌への優しさ、刺激の少なさについては、今度は先ほどの洗浄力とは真逆の法則で、

ミルク>クリーム>バーム>ジェル>リキッド>オイル>拭き取り

になります。
*商品により個体差がありますのでご参考までに。

 

オイリー肌の人は比較的どのクレンジング剤を使ってもわりと大丈夫です。
乾燥肌の場合は保湿力のあるクリーム、ミルク、バームタイプのメイク落としがおすすめ。
敏感肌の方は、一概には言えませんがやはり一番刺激の少ないミルククレンジングかクリームタイプが毛穴ケアもできおすすめ。
添加物を使っていない、または少ないものを選びましょう。

 

ダブル洗顔

ダブル洗顔不要と謳っているクレンジングが人気ですが、賛否両論分かれるのがこのダブル洗顔。
「ダブル洗顔はお肌の敵!」とか「メイクを落とすのにダブル洗顔は絶対に必要!」とか激しく意見が分かれています。

 

クレンジングランキング

 

この論争に対する解答はというと・・・
「ない」のです。
もっと正確に言うと、実に人それぞれ。
個人個人の要素
「メイクの濃さ」「使うクレンジング剤」「肌質」
によってダブル洗顔したほうが良い場合と、そうでない場合に分かれるので、答えはひとつにはならないのです。

 

日々忙しくてダブル洗顔できない人はシングルのものから選ぶのがおすすめだし、メイクがハードでどんなクレンジングを使ってもシングルじゃなかなか落とせない、という場合にはしっかりダブル洗顔した方が良いでしょう。

 

マツエクしてる人のメイク落とし

マツエクするのは当たり前、ぐらいに近年では人気ですが、している場合は選ぶクレンジングは違ってきます。
マツエクに使われている接着剤(グルー)は油に弱い性質を持っていますので、油分の含まれたクレンジング剤を使うとメイクはするっと落とせてもマツエクが取れやすくなってしまいます。
マツエクをしている場合にはオイルはNG、クリームやミルクでもオイルが含まれているものもありますので、成分表示やパッケージを見てオイルフリーのクレンジングを選びましょう。

 

使い分けもアリ

もし、
「アイメイクだけは濃いけれど全体にはナチュラルメイク」
なんていう場合には、アイメイクはオイルやアイメイクリムーバーで落とし、全体はミルククレンジングで落とすなど、使い分けるのもおすすめの方法です。
普段は忙しいからダブル洗顔不要のクレンジング剤だけれど、週末は毛穴ケアのためにダブル洗顔後、しっかりパックなどで保湿するという分け方もありですね♪

 

クレンジングおすすめ人気ランキング

実際に評価が高く人気もあり、ちゃんとおすすめできるクレンジングを紹介しますので参考にしてくださいね。

 

 

おすすめクレンジング人気ランキング第1位

D.U.O ザ クレンジングバーム <バーム type>

 

クレンジングランキング

 

おすすめ人気ランキング1位はエイジングケアしてくれるメイク落としで人気を集めている「DUO クレンジングバーム」
クレンジングバームの中では一番おすすめできる商品です。
この商品の特徴はメイクを「落とす」ことと「やさしい」の両立がコンセプトで、クレンジングに留まらず、使い続けることでお肌を土台から立て直せる点。
これひとつで「落とす」「潤す」「角質ケア」の三役を果たしてくれるので、自宅でエステ帰りのような洗い上がりとリピーターも多く人気です。
クレンジングバームは興味があるけどまだ試したことがない…という方にもおすすめ!

 

>>DUO公式サイトで詳細を確認

 

 

おすすめクレンジング人気ランキング第2位

フルリ クリアゲルフレンズ <ジェルtype>

 

クレンジングランキング

 

おすすめ人気ランキング2位は、美容皮膚科クリニックから生まれた毛穴が目立たなくなるクレンジング。
美容液成分が99.3%配合されていて、クレンジングジェルの中では一番おすすめできる商品。
通販だけでなく日本全国450店舗以上で店頭販売している、人気の高い商品です。
メイクを落としながら毛穴ケアを行い、尚かつ無添加でという難しい条件を美容皮膚科ならではの知識と技術でクリアした、質の高いクレンジング剤です。
使うほどに毛穴の黒ずみが目立たなくなっていくと様々なランキングサイトでも評判。
マツエクOKでダブル洗顔が推奨のクレンジングです。

 

>>フルリクリアゲルフレンズの詳細はこちら

 

 

おすすめクレンジング人気ランキング第3位

アテニア <オイル type>


おすすめクレンジング

 

おすすめ人気ランキング3位は、2016年2月にリニューアルしたアテニア。
永年根強い人気を維持し続けているクレンジングオイルです。
ウォータープルーフのしつこいメイクも落とせるのに、保湿力も高く、毛穴ケア、エイジングケアしながらクレンジングができるということで高い人気を集めています。
くすみの原因となる「肌ステイン」を落としながらクレンジングしてくれるのもおすすめポイント。
メイクに馴染みがよく、毛穴をケアしながらするんとメイクが簡単に浮き上がります。
使い方が簡単で、品質が良いのに価格が安いのも魅力でアットコスメの人気ランキングでもいつも上位常連。
発売当初からの安定人気で、メイク落としをしながらエイジングもしたい方におすすめ。
2週間分のローションがおまけで付いてきます。

 

>>アテニア公式サイトで詳細を確認

 

 

おすすめクレンジング人気ランキング第4位

オージオ水クレンジング <水 type>


 

おすすめ人気ランキング4位は、マイナスイオンの力で優しくしっかりメイクを落とす水クレンジングのオージオ。
人気急上昇中の水クレンジングですが、刺激が強いのがネックでした。オージオはその常識を破り、マイナスイオンの力で優しさとメイク落ちを両立。
ダブル洗顔も洗い流しも不要で、ふき取りながらセラミドで美肌処方までこなします。
さらにメイクや汚れを落としながらくすみを取り、透明感を与えるマイルドピーリング効果も!
オイルフリーでマツエクにも安心して使えます。

 

>>オージオ公式サイトで詳細を確認

 

 

おすすめクレンジング人気ランキング第5位

ラミナーゼ <バーム type>


毛穴ケアクレンジング

 

おすすめ人気ランキング5位は、皮膚臨床薬理研究所がリリースしているメイク落としがこのラミナーゼ。
「毛穴ケアに最適」「クレンジングなのに肌が潤う」と口コミでも人気のラミナーゼのクレンジングバーム。
注目の成分フラーレン配合で人気が高まっています。
化粧水や美容液でフラーレンを配合しているものはいくつかありますがクレンジングでは希少。
毛穴の目立ち、くすみ、乾燥が気になる方には特におすすめです。
ランキング1位と同じバームタイプですが、こちらは初回、約2ヶ月分が1,500円で試せるので嬉しいですね♪

 

>>ラミナーゼ公式サイトで詳細を確認

 

 

おすすめクレンジング人気ランキング第6位

リ・ダーマラボ <ジェル type>


おすすめクレンジング

 

おすすめ人気ランキング6位は「毛穴、どこ?」がキャッチフレーズ、毛穴ケアに定評のあるジェルクレンジングです。
美容液成分が99.3%配合されていて、クレンジングジェルの中では一番おすすめできる商品。
メイクを落としながら保湿効果が感じられると人気です。
ダブル洗顔が不要で防腐剤・石油系界面活性剤不使用・パラベンフリーのメイク落としなので、添加物を避けたい女性に人気でおすすめ。
1本2,848円で、1本買うと初回限定でもう1本ついてきちゃいます。
合うかわからないのに2本も要らないわ、なんて方も返金返品保証がついているので安心です。

 

>>リ・ダーマラボ 公式サイトで詳細を確認

 

 

おすすめクレンジング人気ランキング第7位

スキンビル <ホットクレンジング type>


 

おすすめ人気ランキング7位は、注目度が高く、芸能人のブログなどでも紹介されているホットクレンジングのスキンビル。
温感によって毛穴の汚れやメイクを浮かし、包み込んで落とします!
その90%以上が美容成分で、ダブル洗顔不要だけでなく化粧水も要りません。
7つの無添加で敏感肌にも優しいながらも、毛穴に有効成分と潤いを届ける高機能なクレンジングです。
今までのメイク落としとの違いを実感している方が多く、人気上昇中で注目のおすすめアイテムです。

 

>>スキンビル公式サイトで詳細を確認