リメイ クレンジング

リメイ(Remei)の水クレンジングを使ってみました!

私はクレンジングを同時に何種類も使い分けています。
そのうちの1つに最近加えたのが、リメイの水クレンジング

 

水クレンジング

 

正式名称はリメイ(Remei) ターマルウォーターというらしいですネ。

 

水クレンジングは肌に刺激が強いのでたまにしか使いません。
以前使ってたメイク落としがちょっとヒリヒリしたので、お肌に優しくてメイクがちゃんと落ちるアイテムを探していたところ、リメイのクレンジングを見つけちゃったんです!

 

ネットで購入して使ってみたので、使用感などレビューしますネ!

 

リメイ(Remei)の水クレンジングをオーダー!

さっそくリメイの公式サイトから水クレンジングを注文しました!

 

リメイ 水クレンジング

 

こちらはネット購入でも面倒な会員登録とかの行程を踏まなくても次へ進めるので楽ちんです。

 

リメイ水クレンジングのお支払方法は「クレジットカード、銀行振込、代金引換、コンビニ後払い」 から選べます。

 

そして!

 

リメイ 水クレンジング

 

届きましたよ〜、早い!
リメイの水クレンジングは速攻で届きました!

 

さっそく中身を取り出すと・・・

 

リメイ 水クレンジング

 

同梱物はいたってシンプル。
チラシ、納品書、お支払説明書だけです。

 

そ、そ、そして
リメイターマルウォーター
でかいっ!
ちょっとした衝撃を受けました。

 

水クレンジング

 

メイク落としらしからぬデカさです!

 

リメイのホームページをよく見たら400ml 大容量って書いてました。。

 

これはコスパ良いです♪

 

通販だと大きさが分からないのが難点だけど、良い方に予想外で良かったです!
大きさが画像だと伝わりにくいかなと・・・

 

他社製品のクレンジングジェルと並べてみました!

 

水クレンジング

 

比べてもこんな感じ、デカイです。

 

香りは・・・?

開けてみてクンクンと。

 

リメイ 水クレンジング

 

うん、良い香りです。
そんなに強くありません、うっすら香る程度。
フルーツとソープを混ぜたような? さわやかな香りです。

 

テクスチャは・・・?

リメイのクレンジングはとろみのある感じ!
水クレンジングって普通もっとサラッとしてますが、リメイのターマルウォーターは気持ちのよいとろみ♪
水とゲルのちょうど中間みたいな感じです。

 

あんまりサラサラだとコットンがぐんぐんクレンジングを吸い込んじゃう感がありますが、これはとろみのおかげでそこまで吸い込みません
良いですね〜♪

 

使用感は・・・?

お肌に乗せた感じも柔らかくて気持ちいいです。
とろみのお蔭で肌の上をスーッと滑りが良いです。
摩擦での肌への負担はゼロ。
アイメイクはまぶたの上に数秒乗せてからゆっくりふき取ります。

 

メイク落ちは・・・?

アイメイクは上記の落とし方できれいに落ちます。
顔全体も緩い力でコットンを滑らせて落としてみました。

 

リメイ 水クレンジング

 

リキッドファンデーションもするーっと取れていきます。

 

リメイ クレンジング

 

お、お見苦しくて失礼しました。
アイラインも、マスカラアイシャドーもきれいに落ちました!

 

コットンを1枚目おもて、うら、と使い、
2枚目おもて、うらと使ったらもうスッキリ!
2枚目うらの段階でもうほとんどコットンに色がつかなくなりました♪

 

リメイの使用後は・・・?

すごくしっとりしてます!(クレンジング後とは思えない)
もっちりプルプルで、いつものメイク落とし後のスキンケアは必要ないぐらい。
他社の水クレンジングだと使用中〜使用後にうっすらヒリヒリしてくるのですが、リメイはそれもありません♪

 

ん〜、
これはイイですね、かなり得点高いです。
断然「買い!」の水クレンジングです。

 

リメイの水クレンジングは1本2,200ですけど、何度も言いますが、リメイはビッグサイズ
少しの量でも伸びが良いので、2〜3ヶ月は持ちそう。
という訳でリメイの水クレンジングはコスパも良いですヨ!
何より肌に優しい♪

 

リメイクレンジング

 

リメイの水クレンジングを使った翌朝は、肌が潤っててもっちりしています。
今まではがっつりクレンジングが面倒な日のみ、水クレンジングを使っていたけれど、これなら毎日使ってもいいかなーと思いました。

 

リメイは購入する際に、定期便とかのややこしい条件もないので気軽に試せておすすめです。

 

リメイ 水クレンジングの公式サイトで詳細を確認


こちらの記事もおすすめ
本気で毛穴をなんとかしたい方へ…
毛穴の詰まり、開き、黒ずみ…
あきらめる前にクレンジングを見直してみましょう。
毛穴クレンジングの方法とおすすめ5選